<< 【やまもりの山旅・8月〜10月の予定】 | main | 夏を振り返って >>

【やまもりの山旅】10月〜12月の予定

【やまもりの山旅】10月〜12月の予定

 

「やまもりの山旅」の秋から年内のプランが出来上がりました。下記の通り参加者の募集をいたします。この秋冬シーズンもいろいろな山(一部に自転車も)をプランニングしましたので、是非たくさんの皆様に、山歩きを楽しんでいただけたら幸いです。

 

なお11月のプランから、料金体系を全体的に見直しをさせていただきました。実質的にはこれまでと大きく変わらないようになっておりますが、そのあたり詳細については「ご参加の皆様へ」の事前資料に明記致しますので、またそちらをご覧いただけたらと思います。

それから、下記のプラン以外にも参加者2名様以上で、任意の日程でのオーダーメイドプランも随時お受けしております。ご希望などございましたらお気軽にご相談いただけたらと思います。

それでは、皆様のご参加お待ちしております!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉10/21(水)『秋の奥秩父・紅葉の瑞牆山へ登ろう』
参加費:11,000円|定員4名・・・残2名
緑濃い森からヌッと突き出た白い岩の連なり。その特異な山容が目を引く瑞牆山は、どこか水墨画の世界を思わせるような、日本離れした山岳景観を楽しむことができます。険しい姿に反して道中の森は美しく、この時期は山腹のカラマツ林ほか、秋の彩りも見事です。下山後はラジウム鉱泉で旅の疲れを癒しましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉10/31-11/1(土日)『高島トレイル・ロングハイク』
参加費:26,500円|定員3名
花の名山として名高い赤坂山を含む黒河峠から水坂峠区間(予定)を、山中1泊で辿る山の旅。標高1000mに満たない低山ながら、色づき始めたブナ・カエデの紅葉は目に鮮やかで、もちろん琵琶湖の展望も◎。アルプスなど高山の縦走とは一味違った趣があり、山歩きの奥深さ、日本の山の豊かさ面白さをしみじみと感じることができるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉11/8(日)『晩秋の蓼科山へ登ろう』
参加費:15,000円|定員4名・・・満員御礼
蓼科山の柔らかくどっしりと膨らんだ山容はまさに「優美」という言葉がピッタリで、古くから多くの人々に愛され崇敬されてきました。その美しい姿のみならず、山腹には雰囲気の良い森や草原が広がり、山頂からの展望も抜群。登山者の心も離しません。この時期秋の盛りは過ぎているけれど、その分円熟味を増した季節の風情を味わえることでしょう。岳人ならば一度は登っておきたい信州の名山です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉11/11(水)『晩秋の安倍奥・大谷嶺へ登ろう』
参加費:11,000円|定員4名
日本三大崩れの一つに数えられる大谷崩れの荒々しい崩れの谷筋をたどって稜線へ。崩壊地を過ぎると一転して静かな樹林が広がり、この時期は紅葉の盛りもすぎ、静かで落ち着いた雰囲気の森歩きが楽しめることでしょう。山頂からは冠雪し始めた南アルプスの山並みも見られるかも。渋さ溢れる晩秋の安倍奥へ、いざ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉11/15(日)『晩秋の天城山をゆっくり歩こう』
参加費:13,500円|定員4名・・・残3名
過ぎ行く秋を感じながら、天城の美しいブナの森の中を歩いてきませんか?標高差は400mほどと、さほど大きくなく、ゆったりとじっくりと秋の広葉樹林の素晴らしさ、秋山歩きの魅力に触れていただけたらと思います。葉を落とした稜線から覗く冠雪した富士山の姿もまた、歩きに興を添えてくれることでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉11/21-22(土日)『初冬の奥秩父|雲取山に登ろう』
参加費:28,000円|定員4名・・・残3名
晩秋から初冬にかけては、静かな奥秩父の魅力が一層引き立つ季節だと感じます。鮮やかだった草花の色褪せた姿、葉を落とした木々が澄んだ空に映える様子、凍り始めた沢辺や、降ってまもない小雪が残る日陰…。真っ白な冬景色になる前の、山の情緒あふれる奥秩父の雲取山へ。三条の湯から訪ね歩きます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉11/ 23(月祝)『養老山地最高峰・紅葉の笙ヶ岳へ登ろう』
参加費:14,000円|定員4名・・・残2名
「養老」と聞いたら多くの人が滝を連想するでしょう。でも一度歩いたら「養老」といえば笙ヶ岳が強く印象に残るはず!?春はアカヤシオや早春の草花が美しく、秋は広葉樹林の紅葉が見事です。濃尾平野など山からの眺めも素敵で標高1000mに満たない低山ながら、味の良さは一級品。きっと「山は標高の高さだけじゃない」「良いのは有名な山ばかりじゃない」ということを感じることでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉11/ 28(土)『大人の自転車旅|秋の京都』
参加費:17,000円|定員3名・・・残1名
子供の頃の修学旅行の定番地、古都京都。大人になった今、自転車を使ってもう一度めぐってみませんか?歳を重ねたいまだから感じられるあれこれ、旅の感慨がきっとあるはずです。上賀茂神社から清水寺へ、鈴木の独断と偏見で選んだ寺社仏閣と、道と風景をつないでルートを組みました。古都の趣溢れるこの秋に、お出かけになってみてはいかがでしょう。自転車のレンタルも数台ご用意あります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉12/9(水)低山ハイク『初冬の伊豆三山・城山〜発端丈山』
参加費:13,500円|定員4名・・・残3名
暖国・静岡の低山の紅葉は遅くて渋い。その紅葉の盛りを迎えた伊豆の小さな山々を歩いてみませんか?この時期はすっきりと気持ちの良い晴天に恵まれることも多く、清々しく気持ちの良い山歩きを楽しんでくることができるでしょう。晴れていればともに山頂から富士山の眺めも抜群です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉12/19-20(土日)『冬の八ヶ岳・硫黄岳へ登ろう』
参加費:28,000円|定員4名・・・残3名
北八ヶ岳らしい静かな雪の森をたどって日本最高所の野天風呂がある本沢温泉へ。そこから硫黄岳の山頂を目指します。八ヶ岳の南北を分ける夏沢峠をこえてたどり着く硫黄岳は、迫力ある爆裂火口を北斜面に抱え、山頂からは赤岳など南八ヶ岳の山並みが眼前に迫る素晴らしい展望地です。静かな北と、荒々しい姿の南と、冬の八ヶ岳の二つの表情をじっくり味わい楽しみましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉12/26-27(土日)『奥鬼怒温泉・年忘れスノーハイク』
参加費:36,000円|定員4名・・・残1名
年の瀬押し詰まった一年の最後の週末に、歩いてしか行くことのできない山間の秘湯を目指すスノーハイキング。目的は登頂ではなくて、一年を振り返りながら山の出で湯にどっぷりと浸かり、一年頑張ったご自分のカラダとココロを癒していただくこと。片道2時間ほどの行程は、適度に雪景色も雪山歩きも楽しんでいただけるかと思います。状況次第でスノーシューやクロカンスキーも体験してみましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉12/29(日)『忘年山行・場所はまだ未定。お楽しみ』
参加費:6,000円|定員6名・・・満員御礼
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【上記、各ガイドプランについて】
※いずれのプランも、参加費に宿泊費などは含みません。
※お申し込みの受付は、先着順となります。
※山に入っているなどで、すぐにご返信できない場合がございます。1週間経っても返信がない場合は、見落としている可能性がありますので、その場合は改めてご連絡をお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆっくりと頂きを目指しましょう。じっくりと、山の自然を愛で楽しみましょう。登山経験がまだ少なく、自分たちだけでは不安という方向けのガイドプランとなっています。参加のご希望や、ご興味のある方は、まずは鈴木まで直接フェイスブックメッセージ、またはメールをいただければと思います。ツアーの詳細などお知らせ致します。素晴らしき山の旅へ。さあ、ご一緒に出かけましょう。
【参加のご希望・お問合わせ先】
フェイスブックメッセージを鈴木宛にお送りいただくか、下記のE-mailアドレスまでご連絡ください。
info@yama-mori.jp

at 14:48, wataru suzuki, やまもりの山旅

comments(0), -, - -

comment