<< 心に残っていた森への再訪 | main |

【やまもりの山旅・8月〜10月の予定】

【やまもりの山旅・8月〜10月の予定】

 

ようやく10月までのガイドプランができました。
各プランへの参加者を募集します。

今回もできるだけ幅広く山を楽しんでいただきたく思い、いろいろな場所から、いろいろな形態で楽しめるようプランニングしてみました。今年は山小屋の営業が中止や縮小しているところも多いですが、テント泊未経験の方は、これを機に積極的にテント泊にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

それから、参加者お2人様以上で、任意の日程でのオーダープランなども受けしております。ご希望などございましたらお気軽にメッセージいただけたらと思います。皆さまのご参加を、お待ちしています!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉8/9-10(日)『山の日に登ろう|魅惑の名峰・夏の雨飾山』

参加費:23,000円|定員4名・・・満員御礼

「可愛くてたまらぬ山」。戦前の随筆家で登山家の石川欣一は、著作の中で雨飾山への思いをそう綴っていたりしますが、雨飾山は今も昔もどこか登山者の心を引きつけてやまない魅惑の山。そんな雨飾山へ2020年の山の日に登ってきませんか?前日は近くの大渚山をハイクし、登山口でキャンプの予定です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉8/16(日)『沢登り初級|丹沢』
参加費:11,000円|定員3名・・・残1名
丹沢の初級ルートで、沢登りを楽しんできませんか?滝のシャワークライム、ナメ、淵、高巻き、ツメ、沢のいろいろな要素を経験してきましょう。場所はマスキ嵐沢か葛葉川本谷を予定。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉8/19(水)『ヤナギラン咲く頂へ|安倍奥・山伏へ登ろう』
参加費:8,000円|定員4名・・・残1名
安倍奥の最高峰、山伏の山頂にヤナギランが咲き誇る夏。沢を越え、森を越え、標高差約1000mを頑張って登ってたどり着く山伏の山頂部は、広くて明るくて気持ち良い笹原で、富士山の眺めも見事。静岡県の登山者ならば、一度は登っておきたい郷土の名山です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉8/29-30(土日)『静かなアルプスへ|中央アルプス・越百山〜南駒ヶ岳』
参加費:25,000円|定員4名・・・残2名
日に日に秋めくこの季節。夏の終わりと秋の始まりを感じながら、静かなアルプスを歩いてきませんか?こじんまりした可愛らしい小屋と温かな人柄の親父さん。地味にきつい登りやハイマツの藪漕ぎに、緑濃い岩稜からの眺めと気持ちよさ。噛めば噛むほど味が出る、華はなくとも味わい深い。渋好みな岳人に向けた山旅です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉9/5-6(土日)『沢登り初級|奥秩父』
参加費:23,000円|定員3名・・・残2名

険しい渓もあれば、穏やかな渓もある。ナメラ沢は穏やかな渓の方。ロープをほとんど使わずに登ることができる美しいナメ滝を楽しみましょう。最後のツメの藪漕ぎが大変ですが、それも良い経験値となるはず。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉9/19-21(土日月)『麗しき秋の東北|飯豊連峰縦走』

参加費:40,000円|定員4名・・・満員御礼

東北のアルプスとも呼ばれる大きな山塊の飯豊連峰。深い深いブナの森と、草紅葉広がる長い山稜をひたすらに歩く山の旅。たおやかで美しく、そして長大な飯豊の山稜をゆけば、このままどこまでも歩いて行きたくなるような、そんな独特の感慨に浸ることができるでしょう。たっぷり歩いた分、旅の充実度も高く、山登りの本当の楽しさを深く深く味わうことができる山旅です。※22(火)を予備日とします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉9/26-27(土日)『華あるアルプスへ|北アルプス・鹿島槍ヶ岳〜爺ヶ岳』

参加費:25,000円|定員4名・・・残1名

容姿端麗で、どことなく品がある。人でいえば、まさにそんな表現がピタリとくる双耳峰の鹿島槍ヶ岳。山容はもちろんのこと、どこかその名にも美しさがあり、僕はいつも心奪われてきました。そんな鹿島槍が錦をまとうこの季節。ぜひ出会いに行ってみませんか?ぜひ会ってみてほしい。登りごたえはあるけれど、頑張って登る価値のある山です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉10/3-4(土日)『沢登り初中級|奥秩父・釜ノ沢東俣』
参加費:25,000円|定員3名
奥秩父で最も知られたクラシックルートであり、奥秩父随一の美渓と言われる笛吹川の東沢、釜ノ沢の東俣をたずねる沢の旅。険しい滝の登攀はほとんどない沢で、紅葉し始めた渓の景観を楽しみながら登りましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉10/10-11(土日)『紅葉の志賀高原を巡る山旅・志賀山と岩菅山へ登ろう』
参加費:23,000円|定員5名・・・満員御礼
紅葉の名所志賀高原をたっぷりと楽しむ山の旅。初日は美しい池と湿原を携えた志賀山をハイキング&山麓でゆったりキャンプ。翌日は志賀高原の主峰・岩菅山を目指して登ります。適度な歩きごたえに眺めよく気持ちの良い稜線。心潤う秋の山を満喫しましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉10/17-18(土日)『越後の名山・巻機山へ登ろう』
参加費:23,000円|定員5名・・・満員御礼
何度登っても飽きない山、何度も登りたくなる好きな山というものが人ぞれぞれあると思いますが、巻機山は、僕にとってのそんな一山。まだ登ったことのない方をぜひご案内したく思います。秋の季節は、山頂湿原の草紅葉に、山腹ブナ林は色とりどりの紅葉とまた見事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉10/24(土)『秋の鈴鹿・御池岳へ登ろう』
参加費:11,000円|定員4名・・・残3名
秋の鈴鹿の森の美しさが心に残っています。御池岳山頂部周辺は、鈴鹿ならではのカレンフェルト台地の景観が素敵です。この時期は茶枯れた草木がその趣を一層引き立てて、心に残る秋の1日を演出してくれることでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉10/28(水)『静かなる山の旅・紅葉の御坂黒岳へ登ろう』
参加費:10,000円|定員4名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【上記、各ガイドプランについて】
※いずれのプランも、参加費に宿泊費などは含みません。
※お申し込みの受付は、先着順となります。
※山に入っているなどで、すぐにご返信できない場合がございます。1週間経っても返信がない場合は、見落としている可能性がありますので、その場合は改めてご連絡をお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆっくりと頂きを目指しましょう。じっくりと、山の自然を愛で楽しみましょう。参加のご希望や、ご興味のある方は、まずは鈴木まで直接フェイスブックメッセージ、またはメールをいただければと思います。ツアーの詳細などお知らせ致します。素晴らしき山の旅へ。さあ、ご一緒に出かけましょう。
【参加のご希望・お問合わせ先】
フェイスブックメッセージまたは、下記のE-mailアドレスまでご連絡ください。
info@yama-mori.jp

at 02:03, wataru suzuki, やまもりの山旅

comments(0), -, - -

comment