<< 子供たちを誘って | main | アウトドアライフの門出 >>

伊豆半島をめぐるサイクリングツアーの魅力と可能性

伊豆半島をめぐるサイクリングツアーの魅力と可能性

 

台湾からのゲストの皆さんに、サイクリングエリアとしての伊豆の魅力を体感していただくインバウンドモニターツアーのガイド役を担い、現地サイクリストの皆さんとともに三日間伊豆の街々を巡ってきました。

伊豆半島はダイナミックな自然風景と道に、バラエティに富んだ食、温泉、歴史、文化などの観光資源があり、さらには富士山が眺められ、首都圏からは近く、本州の概ね中央に位置して東西両睨みにできる恵まれた立地環境にある。伊豆が本気を出したら本当に全国どこの街も敵わない。それどころか、世界から人を集められる魅力、潜在力があるんじゃないか。そんなことを、狩野川100kmサイクリングの仕事や、伊豆の山をあちこち歩いてきた経験等からずっと感じてきけれど、今回のサイクリングを通じて、そうしたことをまた改めて肌を通して感じてきました。

いろいろな問題や障壁はあるだろうけれど、時流の追い風を力に、でも一時の流行りを追うのではなく、持続的なカタチで伊豆のサイクルツーリズムの取組がこれからますます進展し、根付き、そして人が訪れ、地域が元気になる一つとなることを願うばかり。また、どこかの部分で今回のような仕事を担わせていただけたら嬉しいものです。

今回関わらせていただいた関係者の皆さん、現地サイクリストの皆さん、よい機会と素敵な出会いをありがとうございました。そして台湾からいらっしゃったゲストの皆さん、今度は台湾でお会い出来ることを楽しみにしています!ありがとうございました!!

at 11:00, wataru suzuki, WORK

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。