<< 佳き山の思い出となりますように | main | 秋の須走口・下山ハイキング >>

土鍋ごはんのたのしみ

土鍋ごはんのたのしみ

 

実りの秋。食欲の秋。新米がおいしい季節ですね。

友人の「暮しごと舎」さんで、明後日10/20(木)から伊賀の土鍋展がはじまります。その初日には「土鍋ごはんのワークショップ」がお店の庭でおこなわれ、僕はその講師役としてお手伝いしてきます。

我が家はファミリーキャンプに出かけると、必ず土鍋をもってでかけています。土鍋でゴハンを炊くと炊飯器にくらべて粒がしっかり。口のに入れたときのお米の存在感や、ゴハンが冷めてからの美味しさが、炊飯器と違う感じがします。お焦げもできたり、自分で火加減をしたり、手軽に美味しくできることに加えて、出来上がるまでの過程が楽しめるのです。

土鍋って多用途に使える割には値段もリーズナブル。且つ、ずんぐりむっくりとした姿カタチはどこか可愛らしい。使い込んだ経年変化も良いもので、シンプルで長く使える愛すべき日本の調理具だと思います。

期間中は、暮らしごと舎のお二人が目利きして選んだいろいろな土鍋が並べられていると思います。これから寒くなる季節にはご家庭での出番も多くなりますよね。ご興味のある方はぜひ足を運んでみてください。きっと、いろいろなお話も聞けるのではないかと思います。

 


『土鍋ごはんのワークショップ』
・開催日時 10/20(木)11:00〜13:00 
・参 加 費 2,000円 (新米付き)
※定員8名・予約制
※お申込みお問合せは、下記「暮しごと舎」まで

■暮らしとうつわの店 暮しごと舎
・店舗住所 静岡県袋井市萱間(かやま)581
・営業時間 11:00‐17:00
・定 休 日 火・水・祝(買付等のため臨時休業あり)
・電話番号 0538-48-8781
・ブ ロ グ http://kurashigoto.hamazo.tv

at 20:16, wataru suzuki, LIFE

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。