<< 只今、富士山腹。 | main | 土鍋ごはんのたのしみ >>

佳き山の思い出となりますように

佳き山の思い出となりますように

 

広島、山口からお越しのお客様を富士山へとご案内してきました。ガイドした二日間、終始どんよりした空模様で、 富士山の姿を見ていただけたのはほんの一瞬でしたが、その姿はとても神々しく美しいものでした。

今回は、随分山を歩き慣れた皆さんでしたが無事に楽んでいただけたようで、この、わずかに見られた富士山の光景とともに、今回の「富士山さんぽ」が佳き山の思い出として皆さんの心に残っていってくれたら嬉しいものです。

それにしても、全国津々浦々の山を歩き、登山経験豊富な方にも選び、楽んでいただけるというのは、とても嬉しく大きな励みとなるものです。皆さん、ありがとうございました!

at 21:43, wataru suzuki, 頂上を目指さない富士山さんぽ

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。