<< 富士山腹スノーハイクツアー | main | スプリングエフェメラル >>

伊豆半島への自転車旅を、ぜひ。

伊豆半島への自転車旅を、ぜひどうぞ

サイクリストウェルカムな伊豆天城、伊豆長岡のお宿の撮影に出かけてきました。

旅館やホテルよりも、圧倒的に山の中やキャンプ場に泊まることの多い自分にとって、高級な温泉旅館というのは、プライベートではとても縁遠い場所であり、今回は新鮮な経験をしてくることができました。

撮影しながら感じたのは、良いお宿というのは、ただそこに身を置いているだけで心潤ってしまう、そんな魅力に溢れているということ。山やアウトドアでキャンプすることとは尺度が違うけれど、心潤う非日常感という点では、もしかしたら共通しているのかもしれません。

今の自分には、こうしたお宿に泊まって自転車旅を楽しむ経済的なゆとりが無いのが悲しいところですが、いつかそうしたゆとりを持てるようになったらば、ぜひ泊まってのんびりしてみたいものです。

それにしても、今回お邪魔したお宿はどこも個性があり、建築や佇まいがそれぞれに素敵でした。撮影していると気分も高揚してきて、楽しくもありました。

そうしたバリーション豊かなお宿と温泉に加え、伊豆天城は文豪ゆかりの地でもあり、伊豆長岡には世界遺産の反射炉や頼朝ゆかりの地としての文化的見所があり、そうした面からもまちをたのしむことができるのだから素晴らしいですね。

さらには、長岡〜修善寺〜天城エリアの温泉地は、山・川・海がバランス良く配置された伊豆半島の中心部に位置しているため、東西南北どこへも適度な距離感でアクセスしやすい立地環境にあり、自転車旅のみならず、アウトドアアクティビティの拠点としても大変に魅力的。観光地としてのポテンシャルの高さもまた、今回改めて感じてくることができました。

そんな可能性もご縁もある伊豆半島で、またお仕事ができたら幸いですし、今度は「山歩き」という側面から伊豆の楽しみ方をもっと提案していきたい。なんて考えたり・・

ともあれ、サイクリストの皆さん、伊豆半島への自転車旅は大いにオススメ&ますますご注目です!そして伊豆をはじめ、全国各地のサイクリストウェルカムなお宿とフィールド情報を集めた下記のウェブサイトをぜひご覧ください。
http://cyclistwelcome.jp

at 19:57, wataru suzuki, WORK

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。