<< 冬の富士山さんぽ | main | 富士山腹スノーハイクツアー >>

モノの佇まい

魅力あるモノの佇まい

修理に出していた古いカメラが戻ってきた。

電子機器とは違う機械ならではのアナログな操作感、金属ならではの肌触りと経年変化がもらたす味わい。それら全体が相まって醸し出す佇まいの美しさ。

まるでモノづくりが輝いていた時代の空気まで湛えているかのよう。

便利さと引き換えに、現代カメラが失ってしまったあれこれに溢れている。

とはいえ、仕事の現場で使うのはもっぱらデジタル。
このカメラには家族の記録など、何気ない日常のスナップ撮影にまた活躍してもらおうと思う。

at 19:56, wataru suzuki, LIFE

comments(2), trackbacks(0), - -

comment
hanayoridango, 2016/02/01 9:17 PM

なんかぁ、いいですね〜♪ジーンズで言えばビンテージ物っていうのかなぁ。懐かしささえ感じます。(歳がバレますね。^^)大事にされているんですね。
〜現代カメラが失ってしまったあれこれに溢れている〜。。。納得!
何気ない日常を味わいある光景に映し出すんでしょうね(^-^)♪

鈴木, 2016/02/12 10:29 PM

hanayoridangoさん、フィルムとデジタル両方のカメラを使っていると、便利にする事ばかりに走ってしまうとモノはつまらなくなったり、魅力や輝きを失ってしまうのかも、なんてことを感じたりします。










trackback
url:http://watarusuzuki.jugem.jp/trackback/354