<< 第15回狩野川100kmサイクリング 募集開始! | main | 歩む道筋 >>

『頂上を目指さない富士山さんぽ』


この数ヶ月間、富士山腹を楽しむガイド本づくりの仕事に
時間とエネルギーを注いできました。

それが今日晴れて校了となり、あとは印刷・発売を待つのみとなりました。

制作中は、今まで自分がしてきたことをすべて活かすことができるし、これからの自分にも活かせる仕事に取り組んでいる幸せ感とともに、今まで経験したことのない大変さを経験することにもなって、いろいろな意味でよい経験をさせていただくことができました。

今回本の制作のお話をくださり、仕事の遅い自分に最後までお付き合いくださったポプラ社の鎌田玲子さんには、本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
もちろん、他にも感謝したい人は多数で、何より今の自分があるのは多くの人との関係あってこそのもの。関わったすべての皆さんに感謝申し上げたい気持ちです。

大学を出てからほどなくしてお世話になった山岳ガイド事務所で教えていただいた山歩きが自分のベースとなっていますし、その後お世話になった会社では、物事の見方や本質の引き立て方、楽しませ方などを学び、柔軟な思考を授かりました。中でも、NPOスローライフ掛川での取り組みに関わらせていただいた経験は大きく、それがなければ、きっとこんな仕事はできなかっただろうし、何よりこうした機会もめぐってこなかっただろうと思います。終えてみて、改めて感謝の気持ちがこみあげます。

本の方は、もっとああしておけば、こうしておけばというところが、後になって出てきた部分も正直ありますが、富士山頂に登ることはまったく無視をして、山腹や山麓だけを丁寧にコースガイドした本は、今まで少なかったと思います。そういう意味では、富士山という山を広く長く楽しむためのお役に立てるのではないかと思っています。

本の発売日は7月10日の予定です。
奇しくも静岡県側の富士山開山日とちょうど重なりました。
もちろん狙ったわけではなく、もっと早く出さなければならないものが自分の至らなさでずれ込んでしまい、偶然この日になってしまいましたが、これも何かの縁なのでしょうか。

ともあれ、ぜひたくさんの方にお手にとっていただき、富士山が決して見るだけの山ではなく、日本一高いというだけの山でもない、ビギナーにもベテランにも歩いて楽しい愛すべき山、表情豊かで懐の深い偉大な山であることを、実際に歩いて感じていただくことのお役にたてば幸いです。

そして、ある人には富士山腹が山歩きを始めるきっかけとなったり、すでに山を歩いている方には、より広い視点で山を楽しめることにつながったりしてくれたら、本当に嬉しい限りです。

皆さんのまわりに山歩き好きの方がいましたら、
ご紹介いただけたら幸いです。

■下記、ポプラ社さんのサイトより本の詳細がご覧になれます。
http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=80009600

at 20:42, wataru suzuki, 頂上を目指さない富士山さんぽ

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。