【やまもりの山旅・8月〜10月の予定】

【やまもりの山旅・8月〜10月の予定】

 

ようやく10月までのガイドプランができました。
各プランへの参加者を募集します。

今回もできるだけ幅広く山を楽しんでいただきたく思い、いろいろな場所から、いろいろな形態で楽しめるようプランニングしてみました。今年は山小屋の営業が中止や縮小しているところも多いですが、テント泊未経験の方は、これを機に積極的にテント泊にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

それから、参加者お2人様以上で、任意の日程でのオーダープランなども受けしております。ご希望などございましたらお気軽にメッセージいただけたらと思います。皆さまのご参加を、お待ちしています!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉8/8-9(日)『山の日に登ろう|魅惑の名峰・夏の雨飾山』
参加費:23,000円|定員4名・・・残3名
「可愛くてたまらぬ山」。戦前の随筆家で登山家の石川欣一は、雨飾山への思いをそう綴っていますが、今も昔もどこか登山者の心を引きつけてやまない魅惑の山。そんな雨飾山へ2020年の山の日に登ってきませんか?果たして皆さんが雨飾山に惹かれるポイントはどこになるでしょうか。前日は近くの大渚山をハイクし、登山口でキャンプの予定です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉8/16(日)『沢登り初級|丹沢』
参加費:11,000円|定員3名・・・残1名
丹沢の初級ルートで、沢登りを楽しんできませんか?滝のシャワークライム、ナメ、淵、高巻き、ツメ、沢のいろいろな要素を経験してきましょう。登る沢は、マスキ嵐沢か葛葉川本谷を予定。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉8/19(水)『ヤナギラン咲く頂へ|安倍奥・山伏へ登ろう』
参加費:8,000円|定員4名・・・残3名
安倍奥の最高峰、山伏の山頂にヤナギランが咲き誇る夏。沢を越え、森を越え、標高差約1000mを頑張って登ってたどり着く山伏の山頂部は、広くて明るくて気持ち良い笹原で、富士山の眺めも見事。静岡県の登山者ならば、一度は登っておきたい郷土の名山です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉8/29-30(土日)『静かなアルプスへ|中央アルプス・越百山〜南駒ヶ岳』
参加費:25,000円|定員4名・・・残3名
日に日に秋めくこの季節。夏の終わりと秋の始まりを感じながら、静かなアルプスを歩いてきませんか?こじんまりした可愛らしい小屋と温かな人柄の親父さん。地味にきつい登りやハイマツの藪漕ぎに、緑濃い岩稜からの眺めと気持ちよさ。噛めば噛むほど味が出る、華はなくとも味わい深い。渋好みな岳人に向けた山旅です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉9/5-6(土日)『沢登り初級|奥秩父』
参加費:23,000円|定員3名
険しい渓もあれば、穏やかな渓もある。ナメラ沢は穏やかな渓の方。ロープをほとんど使わずに登ることができる美しいナメ滝を楽しみましょう。最後のツメの藪漕ぎが大変ですが、それも良い経験値となるはず。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉9/19-21(土日月)『麗しき秋の東北|飯豊連峰縦走』
参加費:40,000円|定員4名・・・残2名
東北のアルプスとも呼ばれる大きな山塊の飯豊連峰。深い深いブナの森と、草紅葉広がる長い山稜をひたすらに歩く山の旅。たおやかで美しく、そして長大な飯豊の山稜をゆけば、このままどこまでも歩いて行きたくなるような、そんな独特な感慨に浸ることができるでしょう。たっぷりと歩いた分、旅の充実度も高く、山登りの本当の楽しさを深く感じさせてくれることでしょう。※22(火)を予備日とします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉9/26-27(土日)『華あるアルプスへ|北アルプス・鹿島槍ヶ岳〜爺ヶ岳』
参加費:25,000円|定員4名・・・残3名
容姿端麗で、どことなく品がある。人でいえば、まさにそんな表現がピタリとくる双耳峰の鹿島槍ヶ岳。山容はもちろんのこと、どこかその名にも美しさがあり、僕はいつも心奪われてきました。そんな鹿島槍が錦をまとうこの季節。ぜひ出会いに行ってみませんか?ぜひ会ってみてほしい。登りごたえはあるけれど、頑張って登る価値のある山です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉10/3-4(土日)『沢登り初中級|奥秩父・釜ノ沢東俣』
参加費:25,000円|定員3名
奥秩父で最も知られたクラシックルートであり、奥秩父随一の美渓と言われる笛吹川の東沢、釜ノ沢の東俣をたずねる沢の旅。険しい滝の登攀はほとんどない沢で、紅葉し始めた渓の景観を楽しみながら登りましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉10/10-11(土日)『紅葉の志賀高原を巡る山旅・志賀山と岩菅山へ登ろう』
参加費:23,000円|定員5名・・・残2名
紅葉の名所志賀高原をたっぷりと楽しむ山の旅。初日は美しい池と湿原を携えた志賀山をハイキング&山麓でゆったりキャンプ。翌日は志賀高原の主峰・岩菅山を目指して登ります。適度な歩きごたえに眺めよく気持ちの良い稜線。心潤う秋の山を満喫しましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉10/17-18(土日)『越後の名山・巻機山へ登ろう』
参加費:23,000円|定員5名・・・残1名
何度登っても飽きない山、何度も登りたくなる好きな山というものが人ぞれぞれあると思いますが、巻機山は、僕にとってのそんな一山。まだ登ったことのない方をぜひご案内したく思います。秋の季節は、山頂湿原の草紅葉に、山腹ブナ林は色とりどりの紅葉とまた見事です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉10/24(土)『秋の鈴鹿・御池岳へ登ろう』
参加費:11,000円|定員4名
秋の鈴鹿の森の美しさが心に残っています。御池岳山頂部周辺は、鈴鹿ならではのカレンフェルト台地の景観が素敵です。この時期は茶枯れた草木がその趣を一層引き立てて、心に残る秋の1日を演出してくれることでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉10/28(水)『静かなる山の旅・紅葉の御坂黒岳へ登ろう』
参加費:10,000円|定員4名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【上記、各ガイドプランについて】
※いずれのプランも、参加費に宿泊費などは含みません。
※お申し込みの受付は、先着順となります。
※山に入っているなどで、すぐにご返信できない場合がございます。1週間経っても返信がない場合は、見落としている可能性がありますので、その場合は改めてご連絡をお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆっくりと頂きを目指しましょう。じっくりと、山の自然を愛で楽しみましょう。参加のご希望や、ご興味のある方は、まずは鈴木まで直接フェイスブックメッセージ、またはメールをいただければと思います。ツアーの詳細などお知らせ致します。素晴らしき山の旅へ。さあ、ご一緒に出かけましょう。
【参加のご希望・お問合わせ先】
フェイスブックメッセージを鈴木宛にお送りいただくか、下記のE-mailアドレスまでご連絡ください。
info@yama-mori.jp

at 02:03, wataru suzuki, やまもりの山旅

comments(0), -, - -

心に残っていた森への再訪

心に残っていた森への再訪

 

とても雰囲気のよい森でした。とても緑が鮮やかでした。

先日ご案内した山での一コマです。

いい森だったなぁと、なんとなく心に残っている場所を再訪すると、大抵やっぱりいいのですね。あの時自分が感じた思いは間違いじゃなかった、なんて思うとともに、山の魅力や醍醐味は、何もアルプスや高い山、有名な山にばかりあるものではないことを改めて思うのでした。そして、そうした山の素晴らしさをゲストの皆さんと共有できた時は、まさにガイド冥利に尽きる瞬間です。

この日は天気予報に反して、日差しの少ない1日でしたが、かえって森の美しさが引き立ち、ご参加くださった皆さんには充実した時間となったようで何よりでした。

at 20:04, wataru suzuki, やまもりの山旅

comments(0), -, - -

やまもりの山旅【4月〜7月の予定】

やまもりの山旅【4月〜7月の予定】


「やまもりの山旅」は、スタジオやまもり鈴木渉の経験と感性で選んだ山や森へ、皆さんをご案内してゆくガイドツアーです。7月までのガイドプランができましたので、各プランへの参加者を募集します。


生きているうちにはいろいろな事がありますが、美しく気持ちの良い山や自然の中に出かけ、歩き楽しむことで、参加された皆さんが気持ちを健やかに清々しく保つことに繋がったらよいなと思います。山歩きにはそんな力、効能があると思います。皆さんのご参加、

お待ちしています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉4/25(土)『沢歩き体験・椋地川』
参加費:6,000円|定員4名・・・催行中止

沢登りをはじめてみたい方へ。必要な道具などのレクチャーを受けながら、まずは簡単な沢歩きから体験してみませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉4/26(日)『沢登りはじめの一歩|竜爪山・長尾川』
参加費:8,000円|定員3名・・・催行中止

水の中を歩き、滝を登り、沢を遡る。密度濃い自然と戯れることで、自分の中に眠った何かが目覚めてしまうかも。深遠なる魅力の入り口へ、いざ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉4/29(水・祝)『アカヤシオ咲く春の岩岳山へ登ろう』
参加費:8,000円|定員4名
山肌を覆う木々が緑の葉をつける前に、いち早く花を咲かせるアカヤシオ。早春の茶枯れた山肌に色濃い桃色の花がポツポツと咲く様子はなんとも美しいものです。きっと、毎年の春の楽しみ方の一つに「アカヤシオを愛でに行く」事を加えたくなるはずです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉5/2-3(土日)『高島トレイル・ロングハイク』
参加費:23,000円|定員3名・・・催行中止
花の名山として名高い赤坂山を含む黒河峠から水坂峠区間ををたどる1泊2日の山旅です。標高1000mに満たない低山ながら、頭上にはブナの新緑、足元には早春の草花が目に鮮やかで、もちろん琵琶湖の展望も◎。この機会にゆるゆると長い山並みをゆくロングハイキングの醍醐味にふれてみませんか。山中でのテント泊をしてみたい方も大歓迎。/テント、シュラフなどのレンタル有。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉5/16(土)『沢歩き体験・椋地川』
参加費:6,000円|定員4名・・・満員御礼

沢登りをはじめてみたい方へ。必要な道具などのレクチャーを受けながら、まずは簡単な沢歩きから体験してみませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◉5/17(日)『御坂・十二ヶ岳へ登ろう』
参加費:10,000円|定員4名・・・残席2
雰囲気の良い森、可憐な草花、スリリングな岩、そして富士山の大展望と、山を歩く楽しさがたくさん詰まった十二ヶ岳。新緑と春の花に彩られたこの季節は、その魅力が引き立ちます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉5/20(水)『愛鷹山・新緑の位牌岳へ登ろう』
参加費:8,000円|定員4名・・・残席1

山腹に美しいブナ林を抱えた位牌岳へ。新緑とアシタカツツジを楽しみに出かけましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉5/23(土)『沢登り|安倍川・北沢』
参加費:8,000円|定員3名・・・満員御礼
登ることのできる大小の滝が連続する北沢。薄暗いゴルジュを辿り、釜をへつり、滝を攀じ登り、雰囲気の良い溪相ともあいまって、沢登りの楽しさを大いに感じられることでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉6/13(土)『奥秩父・乾徳山へ登ろう』→ ※6/20(土)に延期
参加費:11,000円|定員4名・・・残席2
牧場から深い森へ、そして草原をへて山頂直下には大岩登りが待っている。風景や起伏の変化が豊かで、歩きが楽しくなる要素に溢れた乾徳山へ。歩きに出かけてみませんか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉6/14(日)『天城山・万三郎岳へ登ろう』
参加費:10,000円|定員4名・・・残席1

天城山の稜線はブナの森が美しく、この時期は新緑の中に固有種のアマギシャクナゲやツツジの花が森を彩り、目を楽しませてくれます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉6/17(水)『奥秩父・茅ヶ岳へ登ろう』
参加費:10,000円|定員4名・・・残席1

日本百名山の著者、深田久弥の終焉の地として知られる茅ヶ岳は、きれいな広葉樹林に覆われ、気持ち良い登山が楽しめる山です。歩き終えた後にはきっと、彼の遺した「百の頂に百の喜びあり」の言葉が深く身に染み渡ることでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉6/27-28(土日)『白山・三ノ峰〜別山へ登ろう』
参加費:23,000円|定員4名・・・満員御礼
福井県の最高峰である三ノ峰は、雪国の山らしく花の豊かさと素晴らしいブナの森に恵まれた名山です。さらに別山へと続く稜線へ上がれば、白山他の山岳パノラマが見事に広がり、最高な稜線漫歩が楽しめます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉7/4-5(土日)『キャンプ&沢登り|奥秩父・竜喰谷』
参加費:23,000円|定員4名・・・満員御礼
1日目はハイキングをしながら焚き火キャンプを楽しみ、2日目は朝から沢登りへ出かけ、美渓の中に登れる滝がたくさん詰まった竜喰谷をたっぷり堪能しましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉7/11-12(土日)『越後の名山・巻機山へ登ろう』
参加費:23,000円|定員4名・・・満員御礼
何度登っても飽きない山、何度も登りたくなる好きな山というものが人ぞれぞれあると思いますが、巻機山は私にとってのそんな一山。登ったことのない方をぜひご案内したく思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉7/18(土)『夏の霧ヶ峰・高原ハイク』
参加費:11,000円|定員4名・・・満員御礼
ニッコウキスゲをはじめとする高山植物が咲き乱れる夏の霧ヶ峰。高原の爽やかな風と花を楽しみに、歩きに出かけてみましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉7/23-24-25(木金土)『夏の白峰三山縦走|南ア・北岳〜間ノ岳〜農鳥岳』
参加費:35,000円|定員4名・・・満員御礼

夏はやっぱりアルプスの縦走がいいですね。気持ち良いですね。南アルプス北部に鎮座する3000m級の重鎮達に出会いに行ってみませんか。二泊以上の縦走をすると達成感や充実感も大きくなり、深く心に残る山の思い出ができるはずです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【上記、各ガイドプランについて】
※いずれのプランも、参加費に宿泊費などは含みません。
※お申し込みの受付は、先着順となります。
※山に入っているなどで、すぐにご返信できない場合がございます。1週間経っても返信がない場合は、見落としている可能性がありますので、その場合は改めてご連絡をお願いいたします。

※上記日程以外でも、参加者がお二人以上いらっしゃればお客様の任意の日程でオーダーメイドのガイドも承ります。どうぞお気軽にご相談ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆっくりと頂きを目指しましょう。じっくりと、山の自然を愛で楽しみましょう。登山経験がまだ少なく、自分たちだけでは不安という方向けのガイドプランとなっています。参加のご希望や、ご興味のある方は、まずは鈴木まで直接フェイスブックメッセージ、またはメールをいただければと思います。ツアーの詳細などお知らせ致します。素晴らしき山の旅へ。さあ、ご一緒に出かけましょう。
【参加のご希望・お問合わせ先】
フェイスブックメッセージを鈴木宛にお送りいただくか、下記のE-mailアドレスまでご連絡ください。
info@yama-mori.jp

at 20:40, wataru suzuki, やまもりの山旅

comments(0), -, - -

やまもりの山旅・2月〜4月の予定

やまもりの山旅・2月〜4月の予定

 

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

年末は29日に伊豆の山へ忘年山行、新年は5日に地元森町の低山ハイキングツアーと、年末年始も各地の山へと皆さんをご案内をさせていただきました。今年もあっちの山へ、こっちの山へ、あんな楽しみ方で、こんな楽しみ方で、鈴木ならではの山旅へと皆さんをご案内していけたらと思います。本年もどうぞどうぞよろしくお願い致します。

さて、2月末から4月末までのガイドツアーのスケジュールを新たに組みました。各プランへの参加者を募集します。多くは雪の山が初めての方、初級の方向けのプランとなっています。数に限りはありますが、アイゼンなどのレンタルも可能ですので、ご興味がありましたら、お気軽にご相談いただければと思います。ぜひこの冬も、山歩きを楽しみましょう!

【やまもりの山旅|2020年2月〜4月の予定】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉2/8-9(土日)『冬のテント泊・安倍東山稜大光山〜安倍峠』
参加費:20,000円|定員4名・・・残席3
静かな冬の安倍奥を、テント泊で歩いてみませんか?いつまでも歩き続けたくなるような、美しいブナの森広がる安倍東山稜の最北部。冬の味わいはまた格別です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉2/11(火・祝)『冬の低山ハイク・セツブンソウと愛知県民の森』
参加費:6,500円|定員4名・・・残席1
暦の上では春を迎え、低い山では早春の草花が見られるようになる頃です。セツブンソウ の自生地を訪ね、近づき始めた春の光を感じながら愛知県民の森の低山をゆるゆると歩きましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉2/22-23(土日)『冬の八ヶ岳・天狗岳へ登ろう』
参加費:23,000円|定員4名・・・残席2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉2/29(土)『静かなる山の旅・御坂黒岳へ登ろう』
参加費:10,000円|定員4名・・・残席2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉3/7-8(土日)『東北の名山・雪の安達太良山へ登ろう』
参加費:28,000円|定員4名・・・満員御礼
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉3/20-21(金土)『アルプスの雪稜へ・北アルプス唐松岳へ登ろう』
参加費:25,000円|定員4名・・・残席2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉3/29(日)『フクジュソウ咲く鈴鹿・霊仙山へ登ろう』
参加費:10,000円|定員4名・・・満員御礼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉4/4-5(土日)『伊豆大島バイクパッキング&三原山ハイク』
参加費:23,000円|定員4名・・・残席2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉4/18(土)『早春の花と富士見ハイク・長者ヶ岳〜天子ヶ岳』
参加費:8,000円|定員4名・・・残席1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉4/29(水・祝)『アカヤシオ咲く春の岩岳山へ登ろう』
参加費:8,000円|定員4名・・・残席1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【上記、各ガイドプランについて】
※いずれのプランも、参加費に宿泊費などは含みません。
※お申し込みの受付は、先着順となります。
※山に入っているなどで、すぐにご返信できない場合がございます。1週間経っても返信がない場合は、見落としている可能性がありますので、その場合は改めてご連絡をお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆっくりと頂きを目指し、じっくりと、山の自然を愛で楽しみましょう。登山経験がまだ少なく、自分たちだけでは不安という方向けのガイドプランとなっています。参加のご希望や、ご興味のある方は、まずは鈴木まで直接フェイスブックメッセージ、またはメールをいただければと思います。ツアーの詳細などお知らせ致します。素晴らしき山の旅へ。ご一緒に出かけましょう。


【参加のご希望・お問合わせ先】
フェイスブックメッセージを鈴木宛にお送りいただくか、下記のE-mailアドレスまでご連絡ください。
info@yama-mori.jp

at 19:39, wataru suzuki, やまもりの山旅

comments(0), -, - -

やまもりの山旅・12月〜2月の予定

やまもりの山旅・12月〜2月の予定


「やまもりの山旅」は、スタジオやまもり鈴木渉が歩いて感じた素敵な山や森へ、皆さんをご案内してゆくガイドツアーです。12月から2月までのガイドプランができました。各プランへの参加者を募集します。
多くは雪の山が初めての方、初級の方向けのプランです。冬ごもりしてしまわずに、ぜひ冬の山、雪の山を歩く楽しさを感じていただけたらと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉12/22(日)『雪の百名山・恵那山へ登ろう』
参加費:10,000円|定員4名
木曽の山脈の最南端に位置する恵那山は美濃の名山として多くの人に慕われる山。トンガリの無い、たおやかでどっしりとした山容は美濃の人間でなくとも崇めたくなるような雰囲気。雪をいただき、静かになった冬の恵那山を味わいましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉12/28(土)『冬の八ヶ岳・北横岳へ登ろう』
参加費:11,000円|定員4名・・・満員御礼
冬の高山を歩いて見ませんか?ロープウェイを使って標高2200mまで上がり、そこから北横岳の山頂を目指します。初めての雪山歩きの方、大歓迎です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉12/29(日)『2019忘年登山|伊豆・高通山へ登ろう』
参加費:6,500円|定員4名・・・満員御礼
2019年の山旅の最後は、一年のあれこれを振り返りながら伊豆の低山をのんびり歩き、温かな湯に浸かって締めくくりませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉1/11(土)『冬の安倍奥・真富士山へ登ろう』
参加費:8,000円|定員4名・・・満員御礼

一富士二鷹三茄子、2020年の歩き始めに、真の富士山へ登りに出かけて見ませんか?山頂からは富士山の眺めも良く、静かな山歩きを楽しめます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉1/18(土)『美しい森と岩・雪の瑞牆山へ登ろう』
参加費:11,000円|定員4・・・満員御礼
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉1/22(水)『冬の低山ハイク・玄岳へ登ろう』
参加費:8,000円|定員4名・・・残席3名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉1/25-26(土)『雪の東京最高峰・雲取山へ登ろう』
参加費:23,000円|定員4名・・・満員御礼

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉1/29(水)『雪の南木曽岳へ登ろう』
参加費:10,000円|定員4名・・・残席2名

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉2/8-9(土日)『冬のテント泊・安倍東山稜・大光山〜安倍峠』
参加費:20,000円|定員4名・・・残席3名
静かな冬の安倍奥を、テント泊で歩いてみませんか?いつまでも歩き続けたくなるような、美しいブナの森広がる安倍東山稜の最北部。冬の味わいはまた格別です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉2/11(火・祝)『冬の低山ハイク・セツブンソウと愛知県民の森』
参加費:6,500円|定員4名・・・残席1名

暦の上では春を迎え、低い山では早春の草花が見られるようになる頃です。セツブンソウ の自生地を訪ね、近づき始めた春の光を感じながら愛知県民の森の低山をゆるゆると歩きましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◉2/22-23(土日)『冬の八ヶ岳・天狗岳へ登ろう』
参加費:23,000円|定員4名・・・残席2名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【上記、各ガイドプランについて】
※いずれのプランも、参加費に宿泊費などは含みません。
※お申し込みの受付は、先着順となります。
※山に入っているなどで、すぐにご返信できない場合がございます。1週間経っても返信がない場合は、見落としている可能性がありますので、その場合は改めてご連絡をお願いいたします。

※説明のコピーが入っていない箇所等、随時加筆・更新します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆっくりと頂きを目指し、じっくりと、山の自然を愛で楽しみましょう。登山経験がまだ少なく、自分たちだけでは不安という方向けのガイドプランとなっています。参加のご希望や、ご興味のある方は、まずは鈴木まで直接フェイスブックメッセージ、またはメールをいただければと思います。ツアーの詳細等お知らせ致します。素晴らしき山の旅へ。ご一緒に出かけましょう。
【参加のご希望・お問合わせ先】
フェイスブックメッセージを鈴木宛にお送りいただくか、下記のE-mailアドレスまでご連絡ください。
info@yama-mori.jp

at 20:39, wataru suzuki, やまもりの山旅

comments(0), -, - -

やまもりの山旅・9月〜11月の予定

やまもりの山旅・9月〜11月の予定

 

【やまもりの山旅・9月〜11月の予定】
「やまもりの山旅」は、スタジオやまもり鈴木渉が実際に歩いて感じた素敵な山や森へ、皆さんをご案内してゆくガイドツアーです。9月から11月までのガイドプランができました。各プランへの参加者を募集します!
ーーーーーーーーーーーーー
◉9/14(土)『初秋の奥秩父・金峰山へ登ろう』
◉参加費:12,000円|定員4名・・残席1

標高2500mを超える高山ながら、長く伸びた林道のおかげで比較的手軽に登ることができます。奥秩父らしい静かな亜高山の森をたどった先には、やがて森林限界の景観が広がり、巨岩累々と続く稜線はアルペンムードたっぷり。高い山ならなではの魅力を味わいましょう。
ーーーーーーーーーーーーー
◉9/21-22(土日)『初秋の南アルプス・北岳へ登ろう』
◉参加費:24,000円|
※満員御礼 →10/5-6(土日)に延期となりました。
9月下旬の北岳はもう秋の装いです。3000m級の稜線は草紅葉が美しく、山腹は秋の花が足元を彩ります。花、展望、森、岩、沢、山小屋、そしてたっぷりな登りごたえと、山歩きの醍醐味が凝縮した北岳。抜けるような秋の空に広がる山岳パノラマは深く心に残ることでしょう。
ーーーーーーーーーーーーー
◉9/28-29(土日)『秋の妙高連峰・紅葉の火打山へ登ろう』
◉参加費:26,000円|定員4名

深田百名山のひとつでもある火打山。山麓はボリューム感あるブナの森に覆われ、たおやかな山容の頂上の下には美しい湿原が広がります。雪国ならではの自然の豊かさと紅葉の素晴らしさ。その見事な山岳美に酔いしれましょう。
ーーーーーーーーーーーーー

◉10/5-6(土日)『初秋の南アルプス・北岳へ登ろう』
◉参加費:24,000円|定員4名・・残席2

10月初旬の北岳稜線は初冠雪を迎える頃。すぐそこにやってきている冬の気配を感じながら眺める稜線の草紅葉は格別で、山麓は木々の紅葉が目に鮮やかです。花、展望、森、岩、沢、山小屋、そしてたっぷりな登りごたえと、山歩きの醍醐味が凝縮した北岳。抜けるような秋の空に広がる山岳パノラマは深く心に残ることでしょう。

ーーーーーーーーーーーーー

◉10/12-13-14(土日月)『秋の尾瀬・草紅葉の湿原と2つの百名山を歩こう』
◉参加費:35,000円|定員4名・・残席1

春の残雪とミズバショウ、夏のニッコウキスゲ、どの季節も素敵な表情をみせる尾瀬ですが、どれか1つの季節を選ぶとしたら、僕は秋の尾瀬を選びたい。尾瀬ヶ原と尾瀬沼、雄大な湿原歩きを楽しみながら、尾瀬を挟むように対峙する燧ヶ岳と至仏山、2つの百名山にもチャレンジしてみましょう。
ーーーーーーーーーーーーー
◉10/19(土)『秋の奥秩父・紅葉の瑞牆山(みずがきやま)へ登ろう』
◉参加費:12,000円|定員4名・・残席3

緑深い奥秩父の森にヌッと突き出た白い岩の連なり。その特異な山容が目を引く瑞牆山は、どこか水墨画の世界のような、異国の山へ来たかのような、日本離れした山岳景観を楽しむことができます。険しい姿に反して道中の森は美しく、一般登山道は比較的登りやすい。下山後のラジウム鉱泉も魅力な名山へ、いざ!
ーーーーーーーーーーーーーー
◉10/23(水)『秋の安倍奥・大谷嶺へ登ろう』
◉参加費:8,500円|定員4名・・残席2

日本三大崩れの1つに数えられる「大谷崩れ」を懐に抱いた大谷嶺。その、壮絶な崩れの中に伸びる道を登り詰めて到達する頂きは達成感がたっぷり。充実感もたっぷり。この時期は紅葉した大谷崩れの景観もまた見事です。下山後は、オススメのコンヤ温泉で汗を流して帰りましょう。
ーーーーーーーーーーーーーー
◉10/30(水)『秋の井川峠〜笹山を歩こう』
◉参加費:8,500円|定員4名・・残席1

井川峠付近から笹山にかけての緩やかな起伏の尾根には、ブナやカエデ類の美しい落葉広葉樹林が広がっています。とっても地味な山だけれど、秋も深まった頃に、歩く人の少ないこの尾根をのんびりと歩く気持ち良さは、なかなか言葉では表現しがたい良さ、山を歩く悦びがあります。静かな森歩きがお好きな方は、ぜひ。
ーーーーーーーーーーーーーー
◉11/16(土)『晩秋の乳岩峡・明神山へ登ろう』
◉参加費:8,500円|定員4名・・
※満員御礼
標高は1000m程と高くはないけれど、山頂からの展望がよく、渓谷、巨岩、森、と景観の変化も豊かに歩くのが楽しい山です。頂上直下には、ちょっとした鎖場がありスリリングな岩場も楽しさのアクセントに。道中の鬼岩や乳岩は、その巨大さに圧倒されることでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーー
◉11/20(水)『晩秋の箱根・明神ヶ岳へ登ろう』
◉参加費:10,000円|
※満員御礼
紅葉真っ盛りはもちろんいいけれど、秋から冬へ季節が移り変わる頃の山もまた良いものです。明神ヶ岳のなだらかな尾根に秋の終わりを感じながら、ゆっくり気持ちの良い稜線漫歩を楽しみましょう。富士山や相模湾、大涌谷や箱根のカルデラ地形など、眺めが良いのもこの山の魅力です。
ーーーーーーーーーーーーーー
◉11/23-24(土日)『初冬の奥秩父・千曲川源流から登る甲武信ヶ岳』
◉参加費:24,000円|定員4名・・
※満員御礼
晩秋から初冬にかけては、静かな奥秩父の魅力が一層引き立つ季節だと感じます。鮮やかだった草花の色褪せた姿、葉を落とした木々が澄んだ空に映える様子、凍り始めた沢辺や、降ってまもない小雪が残る日陰…。真っ白な冬景色になる前の、山の情緒あふれる奥秩父へ。日本一の大河の源流から、訪ね歩いてみませんか?
ーーーーーーーーーーーーーー
◉11/30-12/1(土日)『BIKE&HIKE&CAMP!・伊豆大島バイクパッキング』
◉参加費:24,000円|定員4名・・残席2

マウンテンバイク(グラベルロードでもOK)を船に積み込んで、大島の各地を自転車で巡りましょう。海を見下ろす抜群なロケーションでキャンプを楽しみ、さらに三原山ハイキングと温泉も組合わせ、伊豆大島をフルに楽しむ山旅です。マウンテンバイクお持ちでない方には、レンタルもご用意できます。
ーーーーーーーーーーーーーー
【山歩&散歩(さんぽさんぽ)シリーズ】
「山歩&散歩」は、初心者でも無理なく歩けるやさしい山歩きに、独自の視点でセレクトした観光要素や街歩きを加えた山の旅です。山歩きだけでなく、街の観光だけでもない。どちらもバランスよく組合せることで膨らむ旅の面白さ。ぜひこの機会にご体感ください。
◉10/26(土)『伊賀の山と焼き物のまちを巡る山旅(仮題)』
◉参加費:12,000円 + 諸経費(5,000円程度)|定員7名・・
※満員御礼
今回は、暮しと器の店「暮しごと舎」の店主達とのコラボ企画です。伊賀の山を歩いたあとは、伊賀牛の絶品ランチを楽しみ、伊賀上野の街や窯元さんを訪ねたり、あっちへこっちへと巡り歩きます。
ーーーーーーーーーーーーーー
どうぞ、ゆっくりと頂きを目指しましょう。じっくりと、山の自然を愛で楽しみましょう。登山経験がまだ少なく、自分たちだけでは不安という方向けのガイドプランとなっています。参加のご希望や、ご興味のある方は、まずは鈴木まで直接フェイスブックメッセージ、またはメールをいただければと思います。ツアーの詳細などお知らせ致します。さあ、素晴らしき山の旅へ。ご一緒に出かけましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【上記、各ガイドプランについて】
※いずれのプランも、参加費に宿泊費などは含みません。山小屋、テント場利用などにかかる費用は、各自別途必要となります。
※いずれのプランも、最小催行人数は2名とさせていただきます。
※お申し込みの受付は、先着順となります。
※山に入っているなどで、すぐにご返信できない場合がございます。万が一、1週間経っても返信がない場合は見落としている可能性がありますので、その場合は改めてご連絡をお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【参加のご希望・お問合わせ先】
フェイスブックメッセージを鈴木宛にお送りいただくか、下記のE-mailアドレスまでご連絡ください。
suzuki@yama-mori.jp

ーーーーーーーーーーーーーーー

at 15:46, wataru suzuki, やまもりの山旅

comments(0), trackbacks(0), - -