節目

節目

 

誕生日を迎えました。大きな節目となる年齢です。
節目というのは、ここまできたという感慨とともに、これまでを見つめ直す良い機会。より充実した毎日を送れるように、仕事も、暮らしも、物事の考え方も、いろいろなことを新しくしていこう。そんなことを思う、節目の日です。

at 15:55, wataru suzuki, LIFE

comments(2), trackbacks(0), - -

暮しごと舎|草木染め・つづれ織り展

暮しごと舎|草木染め・つづれ織り展

 

袋井の古民家を改装した、暮らしと器の店「暮らしごと舎」さんでは、只今『京都の手しごと 草木染め・つづれ織り展』を開催中です。作家さんを招いてのワークショップなどの催しもあります。ご興味のある方、ぜひこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

at 16:42, wataru suzuki, LIFE

comments(0), trackbacks(0), - -

行く季節、来る季節。

行く季節、来る季節。

 

今日は、とある建築現場の撮影に。

清々しく澄み渡る空。緩やかに起伏する緑の山並み。静かな里山空間の中に姿を現しはじめた木造の建築は、まだ建築序盤ながら、なかなか素敵だった。

2月は忙しかった。あっという間に過ぎ去って、気がつけば3月もすでに一週間を過ぎている。光の雰囲気も、もうどこか春っぽさを帯びている。

冬山をもっと歩いておきたいという焦り、いのち沸き立つ春山の待ち遠しさ、季節の移ろいを感じる光に、なんだかそんな二つの思いが交錯した。さあ、時間つくって山へ出かけてこよう。

at 17:53, wataru suzuki, LIFE

comments(0), trackbacks(0), - -

2017年のスタート

2017年のスタート

 

明けましておめでとうございます。

皆さんはよい年末年始をお過ごしになったでしょうか。私はお陰様でとても充実した時間を過ごすことができ、清々しい気持ちで2017年の仕事始めを迎えています。

多くの人にとって、そして自分にとっても佳き一年となりますように。

また一年頑張っていきたいと思います。

皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします!

at 14:57, wataru suzuki, LIFE

comments(0), trackbacks(0), - -

子供たちを誘って

初冬の野山さんぽ

 

初冬の野山さんぽ。

at 11:07, wataru suzuki, LIFE

comments(0), trackbacks(0), - -

ぶらり野山さんぽ。

ぶらり野山さんぽ。

 

今日はぶらりと野山さんぽ。
彩りに満ちた時節柄、立ち止まっては写真をパチリとやるものだから、なかなか歩みが進まない。が、急いては見逃すものばかり、気づけぬことばかり。と、訳のわからぬ言い訳をひとりしながら、のんびり写真を撮って、ゆっくり歩く。山の大小、有名無名なんてことは、まるでどうでもよくて、ただただ山は良いな、楽しいなと、感じ入るばかり。飽きることのない、野山歩きのよろこびです。

at 17:48, wataru suzuki, LIFE

comments(0), trackbacks(0), - -

楚々とした…

楚々とした…

 

今年も仕事場のそばにダイモンジソウの花が咲いた。
この楚々とした雰囲気がいいんだな。

at 17:37, wataru suzuki, LIFE

comments(0), trackbacks(0), - -

土鍋ごはんのたのしみ

土鍋ごはんのたのしみ

 

実りの秋。食欲の秋。新米がおいしい季節ですね。

友人の「暮しごと舎」さんで、明後日10/20(木)から伊賀の土鍋展がはじまります。その初日には「土鍋ごはんのワークショップ」がお店の庭でおこなわれ、僕はその講師役としてお手伝いしてきます。

我が家はファミリーキャンプに出かけると、必ず土鍋をもってでかけています。土鍋でゴハンを炊くと炊飯器にくらべて粒がしっかり。口のに入れたときのお米の存在感や、ゴハンが冷めてからの美味しさが、炊飯器と違う感じがします。お焦げもできたり、自分で火加減をしたり、手軽に美味しくできることに加えて、出来上がるまでの過程が楽しめるのです。

土鍋って多用途に使える割には値段もリーズナブル。且つ、ずんぐりむっくりとした姿カタチはどこか可愛らしい。使い込んだ経年変化も良いもので、シンプルで長く使える愛すべき日本の調理具だと思います。

期間中は、暮らしごと舎のお二人が目利きして選んだいろいろな土鍋が並べられていると思います。これから寒くなる季節にはご家庭での出番も多くなりますよね。ご興味のある方はぜひ足を運んでみてください。きっと、いろいろなお話も聞けるのではないかと思います。

 


『土鍋ごはんのワークショップ』
・開催日時 10/20(木)11:00〜13:00 
・参 加 費 2,000円 (新米付き)
※定員8名・予約制
※お申込みお問合せは、下記「暮しごと舎」まで

■暮らしとうつわの店 暮しごと舎
・店舗住所 静岡県袋井市萱間(かやま)581
・営業時間 11:00‐17:00
・定 休 日 火・水・祝(買付等のため臨時休業あり)
・電話番号 0538-48-8781
・ブ ロ グ http://kurashigoto.hamazo.tv

at 20:16, wataru suzuki, LIFE

comments(0), trackbacks(0), - -

自然の鉛筆

自然の鉛筆

 

楽しみにしていた本が届いた。

世界初の写真集と言われるトルボットの『自然の鉛筆』完全日本語版。中身への興味に加えて装幀も素敵で、本を開く前に手を洗いたくなった。1ページ1ページめくることにワクワクし、こんな気持ちになるのは随分久しぶりな気がする。

あれこれと思いを馳せながらページを繰る至福の時を、しばらく味わいたいと思う。

at 15:04, wataru suzuki, LIFE

comments(0), trackbacks(0), - -

春霞

春霞

墓参りをした後、ひとり低山さんぽに出かけた。

標高300mほどの稜線にでると、眼下に広がる街並みや遠くに起伏する山並みは、春らしく霞んでいた。

ぼんやりとしているのもいい。
はっきりとしていないことだっていい。

なんだかそんなことを思った。

わずか2時間ほどの山歩きだったけれど、カタクリの花など早春の草花にも出会うことができ、春を感じるあれこれにすっかり心満たされた一日だった。
 

at 18:18, wataru suzuki, LIFE

comments(0), trackbacks(0), - -