やまもりの山旅・9月〜11月の予定

やまもりの山旅・9月〜11月の予定

 

【やまもりの山旅・9月〜11月の予定】
「やまもりの山旅」は、スタジオやまもり鈴木渉が実際に歩いて感じた素敵な山や森へ、皆さんをご案内してゆくガイドツアーです。9月から11月までのガイドプランができました。各プランへの参加者を募集します!
ーーーーーーーーーーーーー
◉9/14(土)『初秋の奥秩父・金峰山へ登ろう』
◉参加費:12,000円|定員4名

標高2500mを超える高山ながら、長く伸びた林道のおかげで比較的手軽に登ることができます。奥秩父らしい静かな亜高山の森をたどった先には、やがて森林限界の景観が広がり、巨岩累々と続く稜線はアルペンムードたっぷり。高い山ならなではの魅力を味わいましょう。
ーーーーーーーーーーーーー
◉9/21-22(土日)『初秋の南アルプス・北岳へ登ろう』
◉参加費:24,000円|
※満員御礼
9月下旬の北岳はもう秋の装いです。3000m級の稜線は草紅葉が美しく、山腹は秋の花が足元を彩ります。花、展望、森、岩、沢、山小屋、そしてたっぷりな登りごたえと、山歩きの醍醐味が凝縮した北岳。抜けるような秋の空に広がる山岳パノラマは深く心に残ることでしょう。
ーーーーーーーーーーーーー
◉9/28-29(土日)『秋の妙高連峰・紅葉の火打山へ登ろう』
◉参加費:26,000円|定員4名

深田百名山のひとつでもある火打山。山麓はボリューム感あるブナの森に覆われ、たおやかな山容の頂上の下には美しい湿原が広がります。雪国ならではの自然の豊かさと紅葉の素晴らしさ。その見事な山岳美に酔いしれましょう。
ーーーーーーーーーーーーー
◉10/12-13-14(土日月)『秋の尾瀬・草紅葉の湿原と2つの百名山を歩こう』
◉参加費:35,000円|定員4名・・残席2

春の残雪とミズバショウ、夏のニッコウキスゲ、どの季節も素敵な表情をみせる尾瀬ですが、どれか1つの季節を選ぶとしたら、僕は秋の尾瀬を選びたい。尾瀬ヶ原と尾瀬沼、雄大な湿原歩きを楽しみながら、尾瀬を挟むように対峙する燧ヶ岳と至仏山、2つの百名山にもチャレンジしてみましょう。
ーーーーーーーーーーーーー
◉10/19(土)『秋の奥秩父・紅葉の瑞牆山(みずがきやま)へ登ろう』
◉参加費:12,000円|定員4名

緑深い奥秩父の森にヌッと突き出た白い岩の連なり。その特異な山容が目を引く瑞牆山は、どこか水墨画の世界のような、異国の山へ来たかのような、日本離れした山岳景観を楽しむことができます。険しい姿に反して道中の森は美しく、一般登山道は比較的登りやすい。下山後のラジウム鉱泉も魅力な名山へ、いざ!
ーーーーーーーーーーーーーー
◉10/23(水)『秋の安倍奥・大谷嶺へ登ろう』
◉参加費:8,500円|定員4名・・残席2

日本三大崩れの1つに数えられる「大谷崩れ」を懐に抱いた大谷嶺。その、壮絶な崩れの中に伸びる道を登り詰めて到達する頂きは達成感がたっぷり。充実感もたっぷり。この時期は紅葉した大谷崩れの景観もまた見事です。下山後は、オススメのコンヤ温泉で汗を流して帰りましょう。
ーーーーーーーーーーーーーー
◉10/30(水)『秋の井川峠〜笹山を歩こう』
◉参加費:8,500円|定員4名・・残席1

井川峠付近から笹山にかけての緩やかな起伏の尾根には、ブナやカエデ類の美しい落葉広葉樹林が広がっています。とっても地味な山だけれど、秋も深まった頃に、歩く人の少ないこの尾根をのんびりと歩く気持ち良さは、なかなか言葉では表現しがたい良さ、山を歩く悦びがあります。静かな森歩きがお好きな方は、ぜひ。
ーーーーーーーーーーーーーー
◉11/16(土)『晩秋の乳岩峡・明神山へ登ろう』
◉参加費:8,500円|定員4名・・残席1

標高は1000m程と高くはないけれど、山頂からの展望がよく、渓谷、巨岩、森、と景観の変化も豊かに歩くのが楽しい山です。頂上直下には、ちょっとした鎖場がありスリリングな岩場も楽しさのアクセントに。道中の鬼岩や乳岩は、その巨大さに圧倒されることでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーー
◉11/20(水)『晩秋の箱根・明神ヶ岳へ登ろう』
◉参加費:10,000円|
※満員御礼
紅葉真っ盛りはもちろんいいけれど、秋から冬へ季節が移り変わる頃の山もまた良いものです。明神ヶ岳のなだらかな尾根に秋の終わりを感じながら、ゆっくり気持ちの良い稜線漫歩を楽しみましょう。富士山や相模湾、大涌谷や箱根のカルデラ地形など、眺めが良いのもこの山の魅力です。
ーーーーーーーーーーーーーー
◉11/23-24(土日)『初冬の奥秩父・千曲川源流から登る甲武信ヶ岳』
◉参加費:24,000円|定員4名・・残席1

晩秋から初冬にかけては、静かな奥秩父の魅力が一層引き立つ季節だと感じます。鮮やかだった草花の色褪せた姿、葉を落とした木々が澄んだ空に映える様子、凍り始めた沢辺や、降ってまもない小雪が残る日陰…。真っ白な冬景色になる前の、山の情緒あふれる奥秩父へ。日本一の大河の源流から、訪ね歩いてみませんか?
ーーーーーーーーーーーーーー
◉11/30-12/1(土日)『BIKE&HIKE&CAMP!・伊豆大島バイクパッキング』
◉参加費:24,000円|定員4名・・残席2

マウンテンバイク(グラベルロードでもOK)を船に積み込んで、大島の各地を自転車で巡りましょう。海を見下ろす抜群なロケーションでキャンプを楽しみ、さらに三原山ハイキングと温泉も組合わせ、伊豆大島をフルに楽しむ山旅です。マウンテンバイクお持ちでない方には、レンタルもご用意できます。
ーーーーーーーーーーーーーー
【山歩&散歩(さんぽさんぽ)シリーズ】
「山歩&散歩」は、初心者でも無理なく歩けるやさしい山歩きに、独自の視点でセレクトした観光要素や街歩きを加えた山の旅です。山歩きだけでなく、街の観光だけでもない。どちらもバランスよく組合せることで膨らむ旅の面白さ。ぜひこの機会にご体感ください。
◉10/26(土)『伊賀の山と焼き物のまちを巡る山旅(仮題)』
◉参加費:12,000円 諸経費(5,000円程度)|定員7名・・残席2

今回は、暮しと器の店「暮しごと舎」の店主達とのコラボ企画です。伊賀の山を歩いたあとは、伊賀牛の絶品ランチを楽しみ、伊賀上野の街や窯元さんを訪ねたり、あっちへこっちへと巡り歩きます。
ーーーーーーーーーーーーーー
どうぞ、ゆっくりと頂きを目指しましょう。じっくりと、山の自然を愛で楽しみましょう。登山経験がまだ少なく、自分たちだけでは不安という方向けのガイドプランとなっています。参加のご希望や、ご興味のある方は、まずは鈴木まで直接フェイスブックメッセージ、またはメールをいただければと思います。ツアーの詳細などお知らせ致します。さあ、素晴らしき山の旅へ。ご一緒に出かけましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【上記、各ガイドプランについて】
※いずれのプランも、参加費に宿泊費などは含みません。山小屋、テント場利用などにかかる費用は、各自別途必要となります。
※いずれのプランも、最小催行人数は2名とさせていただきます。
※お申し込みの受付は、先着順となります。
※山に入っているなどで、すぐにご返信できない場合がございます。万が一、1週間経っても返信がない場合は見落としている可能性がありますので、その場合は改めてご連絡をお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【参加のご希望・お問合わせ先】
フェイスブックメッセージを鈴木宛にお送りいただくか、下記のE-mailアドレスまでご連絡ください。
suzuki@yama-mori.jp

ーーーーーーーーーーーーーーー

at 15:46, wataru suzuki, WORK

comments(0), trackbacks(0), - -

MTBライドシーズンの到来

MTBライドシーズンの到来

 

ようやく冬らしい寒さが訪れ、静岡・遠州地域らしい気持ちの良い冬晴れとなった今日。森町の魅力とMTBライドの楽しさを体感していただく「森町MTBツアー」を今月も開催してきました。

「草・木・林・森」とツアー内容によってグレーディングをしていますが、今日は「木=Tree Ride」を実施。半日のショートトリップコースでした。

上り坂に顔を歪め、下り坂では笑顔とともに声をあげて、静かな森を皆で駆けめぐる。気持ちよく山を登って下り、ツアー終盤は湧水を汲んで沸かしてお茶を飲んだり、山間の小さな惣菜屋に立ち寄って地域の人とのふれあいを楽しんでいただいたり(かずさやさん、お菓子ありがとうございました!)。MTBを使った小さな山旅を楽しんでいただきました。

MTBライドには、なんだか童心に返ってしまうような楽しさと大らかな雰囲気があって、キツイ登りは押して歩けばいいし、転んだらまた立ち上がればいい。そういうことが何にも格好悪くなくて、むしろ大人が土にまみれて自然の中で子供のように思い切り遊ぶ姿が、とてもいいんです。
今日ご参加の皆さんも、ツアー後に見せた笑顔が清々しくて、とてもいい顔されていました。山での遊びは、大人をいい表情にしてくれます。無事に楽しんでいただけたことが感じ取れ、嬉しかったなぁ。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

■森町MTBツアー
https://mtb.yama-mori.jp
https://www.facebook.com/MORIMACHIMTB/

at 14:52, wataru suzuki, WORK

comments(0), trackbacks(0), - -

古民家リノベーションのお店あれこれ

遠州の古民家リノベーションのお店へ


静岡の遠州地域にある、古民家をリノベーションしたいろいろな店舗の撮影に出かけてきました。撮った写真は、近く面白い印刷物ができるので、また出来上がったらご紹介したく思いますが、それだけに止まらせておくのはもったい無いので、ちょっとお店のご紹介を。

写真は、浜松市の天竜区北部にあるカフェ「Miles Tone(マイルストーン)さんの店内。店主の安富さんはダンディかつ気さくな方で、建物の魅力もさることながら、店主のお人柄がなんとも素敵でした。静かな山間の集落に佇む店内には、大きなスピーカーからジャズが流れ、窓辺からの眺めもよく、この環境で飲むコーヒーはもう格別。撮影時に出してくださったアイスコーヒーの美味しかったことと言ったらありません。お近くへお出かけの際には、ぜひお立ち寄りをオススメしますし、自分も水窪方面の山歩きに出かけた帰りなどに、これから立ち寄りたいと思います。

◉お店ことが詳しく書かれた記事。

https://hamamatsu.keizai.biz/headline/2005/
◉お店のフェイスブックページ

https://www.facebook.com/people/Miles-Tone/100015072335895

at 12:11, wataru suzuki, WORK

comments(0), trackbacks(0), - -

雨の小笠山ハイキング

雨の小笠山ハイキング


雨に打たれて、小笠山ハイキング。名古屋からお越しのみなさんをご案内してきました。皆さん雨に意気消沈かなと思いきや、意外と明るく、雨の森を楽しんでいただけたようで、何よりでした。

でも本当に、雨に濡れた森は緑が映えて美しく、雰囲気があってよいものです。それがさほど危険なく楽しめるのも、やさしい低山ハイキングだからこそ。街から近い小さな山の良いところです。

小笠山のベストシーズンについて尋ねられ、晩秋、早春頃の小笠山はさらに魅力的だとお話をしたところ「それはまた来たい!」の好リアクション。草木の解説にも好リアクション。嬉しかったなぁ。ガイドとは単純なのです。はい。

ご参加の皆さん、今日は雨の中お疲れ様でした&ありがとうございました。是非またお会いできるのを楽しみにしています!

#小笠山 #掛川 #ハイキング #山歩き #mountains #rainyday #forest #hikingtour

at 14:32, wataru suzuki, WORK

comments(0), trackbacks(0), - -

いい顔したオトナ達

いい顔のオトナ達


大人のオトコが自然の中で真面目に遊ぶ、子どものように泥んこになってはしゃぐ。そんな風に遊んでいるオトナ達は、オジサンになってもやっぱりみんないい顔してる。

上手いとか下手とか、強いとか弱いとかは関係なくて、そんな風に大人が無邪気に真剣に遊ぶ姿がカッコいいんだな。大人になってしぼんでしまった童心を、自然と戯れてもう一度ふくらめよう!取り戻そう!MTBはそのよきツールです!
森町MTBツアーからの一コマ。

#森町 #森町mtbツアー #mtb #マウンテンバイク #mtblife #mtbride

at 14:36, wataru suzuki, WORK

comments(0), trackbacks(0), - -

山歩きを「はじめる・楽しむ・ふれ合う」サロン空間

山歩きを「はじめる・楽しむ・ふれ合う」サロン空間

 

古民家の小さな一室を間借り改装し、「山歩き」の催しや講座を通じて、いろいろな人と交流するための空間を、この秋につくりました。先日はここを拠点に森町へ里山ハイクに出かけた後、土鍋炊飯ランチなどの催しを実施しました。ご参加くださった皆様、ありがとうございました。これから定期的にいろいろな展開をしていきたいと思います。

at 19:21, wataru suzuki, WORK

comments(0), trackbacks(0), - -

砥部焼

好きな色

 

昨日は、新年早々の撮影仕事。
砥部焼きの白磁に映える藍色が素敵でした。
いいな藍色。好きな色。

気に入った器で大切な人達と温かな食事を。
できるだけしていきたいものです。

at 15:16, wataru suzuki, WORK

comments(0), trackbacks(0), - -

伊豆半島をめぐるサイクリングツアーの魅力と可能性

伊豆半島をめぐるサイクリングツアーの魅力と可能性

 

台湾からのゲストの皆さんに、サイクリングエリアとしての伊豆の魅力を体感していただくインバウンドモニターツアーのガイド役を担い、現地サイクリストの皆さんとともに三日間伊豆の街々を巡ってきました。

伊豆半島はダイナミックな自然風景と道に、バラエティに富んだ食、温泉、歴史、文化などの観光資源があり、さらには富士山が眺められ、首都圏からは近く、本州の概ね中央に位置して東西両睨みにできる恵まれた立地環境にある。伊豆が本気を出したら本当に全国どこの街も敵わない。それどころか、世界から人を集められる魅力、潜在力があるんじゃないか。そんなことを、狩野川100kmサイクリングの仕事や、伊豆の山をあちこち歩いてきた経験等からずっと感じてきけれど、今回のサイクリングを通じて、そうしたことをまた改めて肌を通して感じてきました。

いろいろな問題や障壁はあるだろうけれど、時流の追い風を力に、でも一時の流行りを追うのではなく、持続的なカタチで伊豆のサイクルツーリズムの取組がこれからますます進展し、根付き、そして人が訪れ、地域が元気になる一つとなることを願うばかり。また、どこかの部分で今回のような仕事を担わせていただけたら嬉しいものです。

今回関わらせていただいた関係者の皆さん、現地サイクリストの皆さん、よい機会と素敵な出会いをありがとうございました。そして台湾からいらっしゃったゲストの皆さん、今度は台湾でお会い出来ることを楽しみにしています!ありがとうございました!!

at 11:00, wataru suzuki, WORK

comments(0), trackbacks(0), - -

「ライド&ライド狩野川2016」無事終了

「ライド&ライド狩野川2016」無事終了

 

今年も「ライド&ライド狩野川」が無事開催、終了しました。

土曜日のガイドライドは生憎の雨に降られてしまいましたが、そんな天候の中でも笑顔で、中には子供のようにはしゃいでゴールする方もいて、そんな参加者の皆さんの様子は印象的で、充実したツアーだったことを物語っているようでした。

日曜日のロングライドは、今年、国士峠越えという大胆なコース変更を施しましたが、こちらも大きな事故・トラブルもなく終えることができて本当によかった。そしてコースを巡回しながら、狩野川流域の風景はやっぱり美しく魅力的だなぁと、今年もまた飽きもせず感じるのでした。

運営にご尽力くださったサイクリスト&スタッフの皆さん、地域のボランティアの皆さん、そして参加してくださった参加者の皆さんに感謝です。ありがとうございました!

at 15:42, wataru suzuki, WORK

comments(0), trackbacks(0), - -

変わらない、二つのこと

変わらない、二つのこと


ライド&ライド狩野川」のコース確認にでかけてきました。

ライド&ライド狩野川」は、前身の「狩野川100kmサイクリング」から数えると、今年で17年目となる、県内では老舗のサイクリング大会です。

この運営事務局の仕事を務めるようになって、今年で10年目。振りかえってみると、コースや距離、運営メンバーや、サイクリングを取り巻く社会の様子なんかも、10年前とは随分と変わってきました。

でも、この狩野川の美しい流れと、タイムを競う競技ではなく、自分のペースで楽しみがら走りきるサイクルツーリング大会だというコンセプトだけは、今も変わりがありません。

今年はまた、美しく味わい深い狩野川流域のみちと風景をさらに楽しめるよう、上流部コースを大胆にリニューアルします。

大会エントリーの開始は、6/20(月)。

今までに参加したことのある方も、参加したことが無い方も、きっと楽しんでいただけるハズ。皆さん、どうぞご期待ください!

 

■ライド&ライド狩野川2016

大会公式ウェブサイト http://www.izunotabi.com/ride2kanogawa/

スポーツエントリー  https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/66276

at 21:27, wataru suzuki, WORK

comments(0), trackbacks(0), - -